食べなければという恐怖。食事の時間は地獄の時間

自分は高校生の時ノロウィルスにかかり吐くことが怖くなり拒食症になってガリガリになったことがあります。165cm(45キロくらい)
当時自分は柔道部だったので道着から見えるあばら骨がなんとも言えず貧相で顧問からは「飢餓」と呼ばれ思わず泣いてしまったのを覚えています。(すぐに謝ってくれましたが)
自分が一番つらいと感じたのは「ご飯が食べたくても食べられない」ことです。
母が「今日は何が食べたい?」と聞いてくれるのですが「何も」としか答えられませんでした。(リクエストして食べられないと心が痛くなります)
美味しいごはんや外食に行っても自分は2,3口だけ食べてすぐにごちそうさまと言ってしまうので家族からも批判的なことを言われたこともありました。
またガリガリに痩せているせいかわからないのですがおなかがすいても食べられない時が多かったです。
食べ物を胃に入れると普段感触がないからなのか違和感があり、これ以上食べたくない・・と思ってしまうことが多かったです。
そのように責任感と苦しみを経験したことがあるのでもし自分の周りにそのような方を見かけたらゆっくりで残してもいいよと接してあげたいと思います。管理人のお世話になってるサイト⇒ガリガリ太りたい女